高山でリフォーム!マンションの間取り変更は可能?中古マンションのオール電化

高山でマンションリフォームの相談なら松下電建
マンションリフォームで注意したいポイントとオール電化について

高山でマンションのリフォームを考えているのなら、マンションの間取りを変更する際の注意点についてあらかじめ頭に入れておくと良いでしょう。中古マンションをオール電化にしたいと考えている方も、先に揃えておかなければならない条件があります。今回は、マンションリフォームの大切なポイントについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

マンションリフォームで可能な間取り変更!注意したいポイント

パズルのピースを拡大する様子

マンションリフォームで、間取りを変更する場合に注意したい5つのポイントについてご紹介します。

マンションの構造による問題

通常販売されているマンションの構造は、下記の2種類に分かれます。

  • ラーメン構造
  • 壁式構造

構造によってリノベーションの際にメリットとデメリットが生じるので、チェックしてください。

ラーメン構造は、中高層マンションに用いられており、柱と梁を繋いで建物を支えます。耐熱性が高く、耐風性があるため、耐火効果が期待できます。壁を壊して自由に間取りを設計できるのもメリットです。一方で、柱と梁が太いので壁や床のリノベーションに手間がかかるのはデメリットとして挙げられます。

壁式構造は、5階建てまでのマンションに用いられます。床板と壁板を組み合わせて作られているので、耐震性や遮音性だけでなく耐熱性にも優れているのが特徴です。リノベーションの際に広い空間を活用できるのはメリットですが、支えの中心となる壁を動かせないので壁を活かす方向で検討してください。また、パーテーションのようにして、上手く家具と調和させることをおすすめします。

マンションの管理規約の制限

分譲マンションを購入した所有者は、例外なくマンション管理組合に加入しなければなりません。管理組合では、マンションの住人が良い環境で過ごすための管理規則が定められています。通常、管理規則の中にリフォームをする際の条件が書かれているため、「専有部分の修繕等」の項目を探してみてください。記載されている条件に沿って、リフォームの間取りや工事の範囲を決める必要があります。

水回りの排水経路

一戸建てと違いマンションの配管は自由に動かすことが困難です。どこまで動かせるのか事前にチェックしておくとスムーズです。築年数が古いほど床下が狭い場合があるので、業者に相談してアドバイスをもらってください。

リフォーム中の仮住まい先

水回りのリフォームを含む大規模な改装を行う場合、住みながら工事をするのは難しいです。そのため、工事期間前は仮住まいを探さなくてはいけません。リフォーム会社によりますが、短期の賃貸マンションやウィークリーマンションの紹介を行っている場合もあります。

信頼できるリフォーム会社を探す

実績が多く、理想のリフォームについて真剣に相談に乗ってくれる業者を選びましょう。できる範囲とできない範囲を明確にしてくれる会社であれば、無駄に日数を増やしたり、コストが増えたりするリスクも減らせます。

中古マンションでもオール電化にすることはできるの?

中古マンションのオール電化について

管理会社の了解を得ることができれば、中古マンションのオール電化への変更は実現できる可能性があります。ここでは、事前に確認しておきたいポイントを見ていきましょう。

オール電化にできる電気容量があるかチェック

マンション自体に電気容量がない場合、オール電化に変更できる区分所有部分が限られる場合があります。引き込み幹線の分岐盤から各部屋に引かれた幹線が200Vに対応しているかも確認してください。万が一マンション自体の電気容量が不足していても、マンション一括受電サービス等を導入すれば電力設備を低コストで更新できます。

電気温水器を設置できるのか

配管や配線を再設置する必要があるため、水回りの設備変更だけでは対応できません。配管や配線も同時に更新するのであれば、問題なく設置できます。

マンションの管理会社から許可を得る

上記の電気容量の問題のほかに、ヒートポンプ式給湯器本体と貯湯タンクの設置場所・配管経路を確保したうえで、管理会社の許可を得る必要があります。マンション内でオール電化にした前例があれば、管理会社に問い合わせしてみてください。

オール電化が難しい場合は部分的にリフォームを

キッチンのガスコンロからIHクッキングヒーターへの変更は、電気容量があれば行えます。キッチンをリフォームするだけでも、公共料金を減らせます。管理会社の許可がとれないなど、どうしてもオール電化が難しい場合は部分的なリフォームもご検討ください。

高山でマンションのリフォームを検討中であれば松下電建にご相談ください

マンションのリフォームは条件が複雑なため、信頼できるリフォーム業者と相談しながら進めていく必要があります。また、事前に規約や管理人への確認が欠かせません。

理想のリフォームを完成させるためにも、高山でマンションリフォームをお考えならお気軽に松下電建までお問い合わせください。ショールームも完備していますので、実際の製品を見ながらご相談いただくことも可能です。

リフォーム・太陽光発電のメリットをご紹介

高山でリフォームをご検討中なら水廻りや電気工事が強みの松下電建へ

会社名 松下電建株式会社
代表取締役 松下 泰文
創業 昭和27年4月
設立 昭和37年4月
資本金 3000万円
本社
富山本店
リフォームアウトレット 大沢野店
  • 住所:〒939-2251 富山県富山市下大久保2201−72
  • TEL:076-461-7033
  • FAX:076-461-7083
リフォームアウトレット 高山店
URL https://www.meic.co.jp/
事業内容
  • 国土交通大臣許可 第018636
  • 電気工事業・管工事業・水道施設工事業・消防施設工事業・建築工事業・電気通信工事業・土木工事業・浄化槽工事業・機械器具設置工事業・リフォーム事業