トイレリフォームは、大きく4つのタイプに分けられます。それぞれの特徴と注意点を見てみましょう。

1.便座交換のリフォーム

ウォシュレットに交換する、プチリフォームです。
便座を交換するだけで、格段に心地良さを実感できます。座ったときの暖かさや気持ちの良い洗浄感はもちろん、最近は使うたびに除菌するタイプや水が自動で流れるタイプなど、うれしい機能が盛りだくさんです。

もし、トイレ内にコンセントがない場合は、別途コンセント工事も行います。

2.トイレ交換のリフォーム

トイレをまるごと交換します。
最新トイレは、掃除の負担が減ったり、とても省エネです。毎日普通に使っているだけで大きな節水効果があるタイプや、掃除のしやすい形状など便利な機能がいっぱいです。
さらに、タンクレスにすれば、部屋が広く感じられますよ。

3.内装まで含めたリフォーム

トイレ交換と一緒に、床や壁も一新するリフォームです。
床や壁の素材とデザインを好きなものに変えられるため、空間全体を美しく仕上げることができます。
また、消臭タイプの素材や汚れがつきにくい素材などもありますよ。

ベーシアハーモカタログ

4.機能性を高めるリフォーム

お年寄りやお子様に優しいバリアフリーリフォーム。
手すりを設置したり、廊下との段差を解消したり、車椅子が入れるようにドアを交換したりすることにより、お年寄りや小さなお子様が安心して使えるトイレになります。収納棚を設ければ、トイレットペーパーの予備や掃除道具を保管しておけるので、スッキリします。